ロイヤルハニーアップの主成分とは?

ロイヤルハニーアップについては、主要成分として4つの成分が配合されています。でも、ロイヤルハニーアップのようなバストアップサプリメントというと、一時期問題となった成分もありますよね?ロイヤルハニーアップにはその問題となった成分は入っているのでしょうか?

 

ここでは、ロイヤルハニーアップについての主成分についてご紹介いたします。

 

【ロイヤルハニーアップの主成分をご紹介!】
ロイヤルハニーアップについては「王乳(ローヤルゼリー)」「ビーポーレン」「コロハ」「ワイルドヤム」という成分が入っています。早速詳しく見ていきましょう。

 

〇王乳(ローヤルゼリー)
女王蜂のみ食べることが出来るローヤルゼリーには、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていることが知られています。また、王乳に含まれている10-ハイドロキシ-δ-2-デセン酸(デセン酸)と呼ばれている栄養素が、女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、バストアップにも役立ってくれるのです。

 

〇ビーポーレン
ビーポーレンとは、ミツバチが自分の酵素で固めた花粉団子のことです。この花粉団子には、アミノ酸豊富に含まれています。

 

〇コロハ
アメリカでは多くのサプリメントに入っているコロハですが、女性のホルモン分泌に似た働きがあることが知られています。

 

〇ワイルドヤム
肌をキレイに見せる効果があることで知られているハーブです。このワイルドヤムにはサポニンという成分も含まれているのですが、このサポニンには栄養を吸収する時の余分な栄養素を阻害してくれる働きがあります。

 

以上が、ロイヤルハニーアップに含まれて入り雨主要成分になります。

 

【プエラリアミリフィカは入っていない?】
上記の成分を確認してみると、一時期副作用として問題になったプエラリアミリフィカが入っていないことが分かりますね。ロイヤルハニーアップについてはプエラリアは入っていないのでしょうか?

 

もしも主要成分としては入っていなくても、少しでも入っているなら購入は躊躇してしまいますよね。実際にロイヤルハニーアップの成分を全て確認してみた所、プエラリアミリフィカについては入っていないことが分かりました。

 

そのため、バストアップサプリメントですが安全に服用することが出来るので安心してくださいね!

 

【ロイヤルハニーアップの成分についてのまとめ】
ここでは、ロイヤルハニーアップについての4つの成分についてご紹介しました。すると、ロイヤルハニーアップの4つの成分については、「王乳」「ビーポーレン」「コロハ」「ワイルドヤム」という成分が入っていることが分かりました。

 

その中でのロイヤルハニーアップの一番の主要成分は王乳になります。王乳には、女性ホルモンに似た働きをしてくれる作用があるのでバストアップにはかなり効果的なのです。

 

また、ロイヤルハニーアップについては一時期問題となったプエラリアミリフィカについては入っていませんので安心して服用出来ます。

 

>>ロイヤルハニーアップの詳細はこちら