ロイヤルハニーアップには副作用がある?

ロイヤルハニーアップについては、バストアップサプリメントで一時期副作用が問題となったプエラリアが入っておりません。そのため、基本的には安心して服用することが出来ます。とは言っても、ロイヤルハニーアップに入っている他の成分に副作用があると困りますよね。

 

その中でもロイヤルハニーアップの主要成分に副作用の危険性があるとかなり困ります。ここでは、ロイヤルハニーアップの主要成分には副作用があるのかどうか、確認してみました。

 

【ロイヤルハニーアップの主要成分には副作用がある?】
ロイヤルハニーアップの主要成分というと、「王乳」「ビーポーレン」「コロハ」「ワイルドヤム」になります。それぞれ副作用があるのか見ていきましょう。

 

〇王乳
王乳=ローヤルゼリーについては「不老長寿の薬」とも呼ばれているくらいの栄養素になりますので、副作用については問題なく使用することが出来ます。

 

〇ビーポーレン
ビーポーレンについては、アメリカで花粉症を持っている女性が服用した所アナフィラキシーショックを受けたという報告がある成分です。そのため、花粉症を発症している方については服用する時には慎重に行う必要があります。

 

〇コロハ
アメリカで多くのサプリメントに入っているくらいの成分ですので安心して服用することが出来ます。

 

〇ワイルドヤム
ワイルドヤムについては、普通に服用している分には副作用はありませんが過剰摂取をしてしまうと腹痛や下痢といった副作用が出ることが報告されています。また、その他にも前立腺癌や乳癌にもなる恐れがありますので、過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

以上が、ロイヤルハニーアップの副作用になります。基本的には問題がありませんが、過剰摂取をすることと花粉症を患っている方は危険だということが分かりましたね。

 

【もしも副作用が出たら?】
では、気をつけていても、もしも副作用が出てしまった時にはどうしたら良いのかというと、ただちに服用をやめることが大切です。サプリメントの中には好転反応として症状が一時的に悪化することもありますが、ロイヤルハニーアップについては好転反応が出る可能性は低いです。

 

そのため、副作用のような症状が出た場合には、体質に合わないという可能性が高いのですぐに服用はやめてください。また、症状が長引きそうな時にはかかりつけの医師やサポートセンターに問い合わせることも大切です。

 

【ロイヤルハニーアップの副作用についてのまとめ】
ここでは、ロイヤルハニーアップについては主要成分に副作用があるのかどうか確認してみました。すると、ロイヤルハニーアップについては基本的には副作用がありませんが、花粉症を患っている方は注意が必要だということがわかりました。

 

また、ワイルドヤムについては過剰摂取をすると腹痛や下痢といった症状が起こる危険性がありますのでかならず用法用量を守ることが大切でした。

 

もしも副作用が出てしまった場合には、好転反応の可能性が低いのですぐに服用はやめるようにしてくださいね!

 

>>ロイヤルハニーアップの詳細はこちら